「FA18スーパーホーネット」次々発艦…空母ロナルド・レーガン、日本近海での演習公開!?

米海軍は5日、太平洋に展開する原子力空母「ロナルド・レーガン」が行った演習を日本の報道陣に公開した。
動画】米空母「ロナルド・レーガン」演習の様子
 演習では、USSロナルド・レーガンが戦闘攻撃機FA18スーパーホーネットを次々と発艦させたほか、格納庫や操舵室を公開した。同日正午、米海軍厚木基地(神奈川県厚木市)の南約500キロメートルを航行中だった。
 艦長のフレッド・ゴールドハマー大佐によると、甲板上にカタパルト(射出装置)4基を備え、90秒ごとに発射、45秒間隔で着艦できる。
 中国軍は台湾近海で大規模な演習を行っている。同艦が所属する第5空母打撃群司令官マイケル・ドネリー少将は「海上自衛隊とともに、インド太平洋地域の平和と安定に尽力している。いかなる脅威や挑発行為にも屈しないという米国の立場は明確だ」と述べた。